国際社会の金融事情は怖い

国際社会の金融事情というものは、怖いです。

例えば、ここ数年で、銀行などに行く際に、必ず身分証明書を提示するように求められる機会が増えたかと思いますが、これも国際社会の金融事情が大きく関っています。 例えば、10万円以上の送金を行う際に、身分証明書などが必要とされています。 これは、金融機関であれば、どこの銀行などでも必ず必要になります。

今まで、何度も取引があったから身分証明書がいらない…というようなことはなく、必ず本人であることが確認出来る身分証明書、例えば、免許証やパスポート、健康保険証などが必要とされています。 これらが必要な背景として、国際的なテロなどがあるからです。

マネーロンダリングを防ぐために、身分証明書の提示が、金融機関には義務づけられているのです。 国際社会が不安定になった一因として、アメリカの同時多発テロがありました。 このような、飛行機がハイジャックされ、テロが起きるという実情から、金融機関に身分証明書の提示が必須である…という項目が徹底されているのです。

マネーロンダリングをされることによって、日本のお金がテロなどの資金に使われてしまう、というような実情があり、それらを防ぐために、身分証明書の提示を義務づけるという状況があります。

国際社会の金融事情として、他にも、戦争などの武器購入に、このようにお金が、出所が分からないところから戦争を引き起こすような組織に回されている…というような実情があります。 そのため、各国で、戦争などを防ぐために、身元の確認を徹底するようにという、金融機関への要請があるのです。 金融機関にこのような要請がある実情としては、上記のようなテロを防ぐため…というような理由が大きなものです。

これはなぜかというと、このようなテロ組織が、お金を集めるためには、当然として金融機関が使われるからです。 お金を振り込む人間が巨額のお金を流す際に、現地にお金を運ぶ…というようなことだけではありません。 とあるところから、とある組織へお金を流す際にも、現金で全てが調達されるのではなく、振り込みなどによって、お金を現地で出し入れなどがあるのです。

また、マネーロンダリングとして、振り込みが使われることがあります。 そのため、マネーロンダリングを防ぐために、各国では、誰がいつ、どこにお金を振り込んだのか?などの確認を徹底しています。 このような捜査を避けるために、偽造の免許証などが使われることもあります。

おすすめサイト

↑ PAGE TOP